【お知らせ】「日本障がい者バスケットボール連盟」の設立について

4月25日付けで、公益財団法人日本バスケットボール協会傘下団体として、「日本障がい者バスケットボール連盟」が設立されました。日本国内における障がい者のバスケットボール競技の普及を図り、障がい者バスケットボールの振興に寄与することを目的としています。

当協会も障がいバスケ団体として加盟し、他の障がいバスケ団体とともに障がいバスケットボールの普及と発展を目指し活動してまいります。

【連盟の概要】

1.団体名称 日本障がい者バスケットボール連盟
2.所在地 〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-27 6F
公益財団法人日本バスケットボール協会内
3.代表者 理事長 原田裕花
4.加盟団体 一般社団法人日本車いすバスケットボール連盟
日本車いすツインバスケットボール連盟
一般社団法人日本FIDバスケットボール連盟
特定非営利活動法人日本デフバスケットボール協会

 

藤岡美鈴理事長
障がいバスケ連盟が立ち上がり、これまで個々の関係だった障がいバスケ団体同士が組織として繋がります。これをきっかけに、団体で連携しイベント等を実施し、お互いの障がいバスケを学び合い、支え合いながら活動を拡大することで、障がいを持ってもバスケを楽しむ方法があるという、障がいバスケの魅力を世の中にもっと浸透していけばと願っています。
障がいバスケ連盟立ち上げにあたって、前理事の篠原氏、会田氏の尽力な活動のおかげでこの日を迎えることができました。心より御礼を申し上げます。

(公財)日本バスケットボール協会公式サイトのお知らせはこちらへ
http://www.japanbasketball.jp/2018/4/26/news/43790