2001年7月イタリア・ローマで開催された第19回デフリンピックにて、デフバスケットボール男子日本代表が初出場を果たす。

※この年の5月にIOC(国際オリンピック委員会)の承認を得て、大会名称が「世界ろう者競技大会(Deaf World Games)」から「デフリンピック(Deaflympics)」に変更される。全体で約4,000人、75ヵ国の参加があった。日本からは役員26名、選手60名、合計86名が本大会に派遣となった。

監督佐藤 之憲
NOPLAYER
5日比野 隆
6福光 純
7稲村 広太
8中山 直樹
9園 雅光
10雪森 文晃
11福島 明
12森元 誠
13谷口 裕教
14仲間 正人
15及川 澄志