聴覚障害=DEAF(デフ)

聴覚障害の幅は広く、いわゆる「耳が遠い」という人から、音が全く聴こえない人と様々です。
聴力レベル70dB以上から身体障害者手帳の交付があります。
(70dbは一般的に「かなりうるさい、かなり大きな声を出さないと会話ができない」状態を指します)

普段のコミュニケーション手段も、音声会話から口を読み取る(口話)、筆談、手話と、その人の
特性にそったコミュニケーション手段を用いています。

聴覚障害とは、補聴器を着用し、音を大きくすることで、
音が明瞭に聴こえるようになる障害(伝音性難聴)と、
音が明瞭に聴こえない障害(感音性難聴)の二種類があります。
同じ聴力でも、その人の障害の特性は様々ですので、補聴器を着用しても、聴こえ方は様々です。

デフバスケットボールとは

聴覚障害者によるバスケットボールをデフバスケットボールと言います。

デフバスケットボールの主な特徴としては、競技中の仲間が走り回る足音、ドリブルでボールが跳ねる音、味方や監督の声、観客の応援の音などが聴こえにくい、もしくは全く聴こえない状態でバスケットボールをプレーします。

デフバスケットボールには特別なルールはありません。

特別な措置として、当協会主催の大会にて、試合中にコートの対角にフラッグマンを設置します。審判やテーブルオフィシャルのブザーの音が鳴るのと同時に目立った色の旗を振ってもらうことによって視覚的に状況を判断できるように情報保障を行なっています。