デフリンピックとは?

聴覚障害者(Deaf:デフ)のオリンピックのことをデフリンピック(Deaflympics)と言います。この大会の歴史は古く、1924年にフランスのパリで始まりました。この大会は障害者スポーツの中でも最も古い国際大会で、E.Rubens-Alcais氏(フランスの聾者)の尽力によりサッカー、水泳、自転車などの5つの競技が行われ、9ヶ国145人が参加されました。2001年5月16日に国際オリンピック協会(IOC)の承認を得て、名称をデフリンピックとしました。日本からは1965年の第10回アメリカ:ワシントン大会から毎回出場しています。 バスケットボール競技は、男子が1953年の第7回ベルギー:ブリュッセル大会にて、初めて行われました。女子は1977年の第13回ルーマニア:ブカレスト大会にて、初めて行われました。

デフリンピック

2005年 第20回 夏季デフリンピック(オーストラリア・メルボルン)
男女日本代表 初出場
2009年 第21回 夏季デフリンピック(台北)
男女日本代表 出場
2013年 第22回 夏季デフリンピック(ブルガリア・ソフィア)
男女日本代表 出場
2018年 第23回 夏季デフリンピック(トルコ)
男女日本代表 出場(予定)
Copyright © Japan Deaf Basketball Association. All rights reserved.